2013年02月10日

赤前小学校 子どもワークショップ

NCM_0307.JPG
更新が遅くなり申し訳ありません。

昨年11月27日
赤前小学校に子どもワークショップを届けてきました。

午前中は1から3年生、午後は4から6年生に。
とにかく積極的に発言してくれる姿が印象的でした。

復興が進んでいるとはいえ、児童の発言からはまだ震災の記憶が鮮明にあることが伝わりました。
被災地に向けたワークショップの必要性を改めて感じました。

沿岸地域の子ども達が笑顔でいられるよう、この日の学びを頭に入れていてほしいと願うばかりです。

インフルエンザも流行中。
自分の体は自分で守りたいものですね!(`・ω・´)
 


斎藤
posted by CAP岩手 at 18:39| 日記