2012年10月25日

公開おとなワークショップ開催

10月4日、遠野では7年振りのおとなワークショップが行われました。

今回は震災後ということもあり、沿岸の方や震災支援に来られている方も参加してくださいました。

参加者は5名でしたが、その分参加者全員の方と直接関わることができました。

遠野WS.jpg
CAPは子どもが暴力から自分を守るためのプログラムですので、
ワークショップの内容はとても分かりやすく、
またテンポも歯切れよく、楽しく参加できました。

子どもが自分を大切にできるために必要とされる人権や自尊感情、
これらを支えるにはいかに大人の役割が重要かを
再認識させられました。

地元参加者の方から、
「とてもよかった。もっと案内をして多くの方に参加してもらったらどうか」
との声をいただきました。

子どもワークショップの開催と併せて、
次の機会に生かしたいと思います。

遠くから参加してくださったスタッフのみなさん、ありがとうございました。

(遠野スタッフ 横山)
posted by CAP岩手 at 23:36| 日記