2012年08月07日

城山保育園教職員ワークショップ

120711_184228_ed.jpg7月11日(水)城山保育園教職員ワークショップに行ってきました。
お仕事後のお疲れのところと思いましたが、みなさん元気に積極的に参加してくださいました。

子どもワークショップの際に、先生方が子どもたちにかけていた言葉〜
『今日は大切なことを習ったね。みんなが持っている大切な権利ってなんだっけ?』
『特別な叫び声は遊びではやらないんだよね』
『今日みんなが習ったことはお父さんやお母さんも習って知っているから聞いてみてね』等々、子どもワークショップの内容を補完していただくような声がけを聞いて、お忙しい中お時間を割いて教職員ワークショップを受けてくださっていることの意義を実感することができました。

子どもたちだけでなく、子どもたちの身近にいる大人〜保護者のみなさんや先生方〜に共通認識を持っていただいてこそ生きるCAPです。

城山保育園さんにCAPをお届けして7年!いつも先生方の笑顔に迎えていただき、楽しくワークショップをさせていただいています。こんな先生方に見守られて過ごす子どもたちは幸せだな〜と思いました。

来年もまた城山保育園のみなさんにお会い出来ることを楽しみにしています。

ツキダテでした(^_^)
posted by CAP岩手 at 08:40| 日記