2012年09月20日

おとなWS@大船渡

8月25日(土)、大船渡市カメリアホールへ、おとなWSをお届けに行ってまいりました♪
 
保育士さんや学童指導員など、それぞれのお立場で子ども達に接しておられる方々に、ご参加いただきました。
 
残念ながら、参加者数が5名と少な目ではありましたが、内容はいつも通り、充実していたと思います!
 
アンケートの「最も興味深かったこと」を伺う質問に対し、「おとなにできること」と答えられた方がダントツに多かったことにも、現場で子ども達に接している方々ならではの強い思いが感じられました。
 
また、会場となったカメリアホールの職員の方には、会場設営その他、たいへんご親切にお世話いただき、ありがとうございました。
 
アンケートの感想に、参加者が少な目だったことを「もったいない」と書いてくださった方がいらっしゃいましたが、同感です!
 
また機会があれば、次回はもっと多くの皆様にWSをお届けしたいと思います。
 
 
…以上、セルフディフェンスの実演で派手に転んで、皆様を驚かせてしまったシュクでした。
posted by CAP岩手 at 20:52| 日記

2012年09月09日

J-CAPTA 総会

7月28日、福島県いわき市 いわき産業創造館にて開催された
J-CAPTA(CAP岩手が所属するCAPトレーニングセンター)定時総会2012に参加してきました。
早朝、盛岡から郡山まで新幹線で、郡山からは高速バスでいわきにむかいました。
帰りは仙台まで高速バスを使って日帰りしました。
高速バスからの山並みや山間の家々を眺めながら原発事故の影響を想い、心痛む道中になりました。

震災後、J-CAPTAを通じて日本ユニセフ協会連携事業、WAM助成事業、311支援金により
CAPワークショップ提供とスタッフ養成などの支援を受けている
岩手県、宮城県・福島県の7グループの活動報告会もありました。
各県の状況に合わせた活動を模索する各グループの熱い想いを共有することができました。

総会講師 青木悦さん (2).jpg

総会記念講演
「やさしく生きたい〜子どもの心に寄り添って」では、
子どもの現状や福島の問題、
そして今後私たちが出来ることを考える時間になりました。
青木悦さんの穏やかながらも毅然としたお話には
いつも癒され、励まされています。
教育ジャーナリスト 青木悦さんの本も是非ご覧下さい。
http://homepage3.nifty.com/office-teppei/

高橋でした.
posted by CAP岩手 at 22:27| 日記

2012年09月04日

おとなWS@大槌

120724_ed.jpg7月24日、大槌町中央公民館にて、おとなワークショップ(以下WS)を開催致しました。

今回は民生委員、保育士など福祉に関わるお仕事に従事されている22名の方に、ご参加いただきました。

このWSは被災遺児家庭支援者育成研修の一つとして、7月18日釜石においても開催されました。

二人組みワークにも熱心に取り組まれ、参加者の発言は控え目ながら意気込みが感じられました。

終了後アンケートに「小学校で実施して欲しい」との声が寄せられ、継続した広報活動ができればと思いました。
今回、参加いただいた沿岸地域のみなさん、ありがとうございました。

(山口)
posted by CAP岩手 at 10:44| 日記