2012年08月20日

なかよし保育園にて・プレゼンテーション


7月19日(水)、盛岡市なかよし保育園で盛岡保育問題研究会のみなさまに、CAPを知っていただくためのプレゼンテーションを行いました。


当日は41名の方がご参加下さいました。

みんなで楽しくおどりをおどってから、プレゼンテーション開始。通常のワークショップとは違う形でしたが、CAPとはどんなものなのか、ということを参加者のみなさまにお伝えできたと思います。


今回、参加して下さったみなさまが「ワークショップを受けてみたい!」「保育園・幼稚園の子どもたちにワークを受けてもらいたい」と思って下さるといいな、と思います。

(田端)
posted by CAP岩手 at 20:00| 日記

2012年08月15日

2012/7/18 おとなWS@釜石

IMG_3134.jpg2012年7月18日、釜石地区合同庁舎にて、おとなワークショップ(以下WS)を開催いたしました!

今回は児童委員、保育士など児童福祉に関わるお仕事に従事されている28名の方に、ご参加いただきました。

このWSは被災遺児家庭支援者育成研修の中の一つとして、開催されました。沿岸地域では大槌でも開催されます。

参加者のみなさまの熱心な姿勢に、静かな熱気を感じるWSとなりました。
終了後のアンケートもほとんどのみなさまにご協力いただき、率直なご意見や感想をいただけて、感謝の一日となりました♪
(さかもと)
posted by CAP岩手 at 09:45| 日記

2012年08月07日

城山保育園教職員ワークショップ

120711_184228_ed.jpg7月11日(水)城山保育園教職員ワークショップに行ってきました。
お仕事後のお疲れのところと思いましたが、みなさん元気に積極的に参加してくださいました。

子どもワークショップの際に、先生方が子どもたちにかけていた言葉〜
『今日は大切なことを習ったね。みんなが持っている大切な権利ってなんだっけ?』
『特別な叫び声は遊びではやらないんだよね』
『今日みんなが習ったことはお父さんやお母さんも習って知っているから聞いてみてね』等々、子どもワークショップの内容を補完していただくような声がけを聞いて、お忙しい中お時間を割いて教職員ワークショップを受けてくださっていることの意義を実感することができました。

子どもたちだけでなく、子どもたちの身近にいる大人〜保護者のみなさんや先生方〜に共通認識を持っていただいてこそ生きるCAPです。

城山保育園さんにCAPをお届けして7年!いつも先生方の笑顔に迎えていただき、楽しくワークショップをさせていただいています。こんな先生方に見守られて過ごす子どもたちは幸せだな〜と思いました。

来年もまた城山保育園のみなさんにお会い出来ることを楽しみにしています。

ツキダテでした(^_^)
posted by CAP岩手 at 08:40| 日記