2012年05月29日

引越し作業中 過去記事 その7

スペシャルニーズプログラムを盛り込んだおとなワークショップ
2012.03.29 Thursday | category:おとなワークショップ

3月20日春分の日に念願のスペシャルニーズプログラムを盛り込みましたおとなワークショップが開催されました。
ご多忙の中、特別支援学校の先生方や福祉関係団体の皆さまの多大なご支援、ご協力を頂きながらとりおこなわれましたことに心から感謝申し上げます。

また講師には木村里美J-CAPTAトレーナーをお迎えし、ロールプレイヤーにはCAP・みなみ北海道のメンバーの方が遠方からいらして下さったおかげでこのおとなワークショップが実現できました。
長いお時間大変お疲れさまでした。

038.JPG

岩手において念願でしたスペシャルニーズプログラムの実施のお話をうかがえたことで、子どもの特性に合わせた適切な表現方法と、また状況に応じた柔軟な対応でより効果が発揮されることが理解できました。
「もちろんCAPの基本理念が軸としてしっかり入っている上での応用です。」との木村トレーナーからのご指導も添えられ、あらためてCAPスペシャルニーズプログラムの幅広い取り組みを実感致しました。

ご参加の方々は大変有意義な時間を共有し、CAPの活動に共感されたご様子で、子どもたちへの人権意識の大切さをお届けできたことと思います。
CAPから発信された「安心・自信・自由」はすべての子どもたちに手渡される大切なメッセージです。
心豊かに過ごせる社会であるために、子どもの力を信じ子どもを支える大人の存在であり続けるために、
今後もCAPのプログラムを提供して参りたいと思います。

伊藤でした。
posted by CAP岩手 at 22:05| 日記

引越し作業中 過去記事 その6

大船渡地区で公開ワークショップ
2012.03.10 Saturday | category:公開ワークショップ

3月6日(火)大船渡地区で公開ワークショップを行ってきました。

バスを降りて「あったか〜い」「雪がな〜い」と感じる大船渡の街。

盛岡は前日すごい雪でしたよね。

会場となったのは大船渡の街を下に見るような高台にある岩手県立福祉の里センターでした。
時間は18時30分から20時30分まで。
仕事を終えての方々や保護者の方など9名の参加者となりました。

大船渡WS 1.jpg


参加人数は残念ながら少なかったのですが盛岡からのスタッフ4名と地元スペシャリスト1名も加わり人数以上の笑い声と「特別な叫び声」だったと、後ろの受付にいて感じました。

私は養成講座を受けていない準会員となって、今回初めて受付や写真撮影のお手伝いをさせて頂きましたが、去年11月の養成講座終了後、新しくスペシャリストになられた方々はロールプレイヤーとして活躍されています。

今回もスタッフの1名が初めてロールプレイヤーとして参加者の皆さんの前に立ちました。
本当にご苦労様でした。

おとなワークショップを聞くのは2度目ですが聞けば聞くほどより多くの大人や子ども達に届けたいプログラムだと思いました
今回の開催にあたりましては大船渡市と社会福祉法人大洋会、地元のCAP会員のご協力をいただき感謝いたします。

黒沢でした。


posted by CAP岩手 at 21:56| 日記

2012年05月28日

引越し作業中 過去記事 その5

大槌町にて教職員ワークショップ
2012.03.08 Thursday | category:教職員ワークショップ


2月28日, 大槌町にて教職員ワークショップをお届けしました。
今回はスタッフ三名に加え,お手伝い二名のチームです。民政委員や園長先生,保育士等17名の方が参加して下さいました。

008.JPG

受付の際,ワークショップってどういうものだろうと多少緊張の声もありました。
しかし,いざ始まってみるとやはり普段子どもと関わっている方達だけあってとても元気!
和やかな雰囲気でワークショップが進みました。
今回のワークをぜひ多くの大人,そして子ども達につないでほしいなと願っています。

私は今回初めてワークショップのお手伝いスタッフとして参加しました。
学生の身である私にとって,子どもについて真剣に考えて下さる大人の姿を見ることはとても刺激的でした。
今後もCAPのさらなる浸透にお手伝いできればなと思っています。


斎藤でした。
posted by CAP岩手 at 17:16| 日記